2011/03/15 東北地方太平洋沖地震により被災した直轄工事・業務における出来高等の確認及び支払いの取り扱いについて〔直轄〕

【日付】2011/03/15
【担当課】大臣官房地方課公共工事契約指導室長 大臣官房技術調査課建設システム管理企画室長 北海道局予算課経理指導官
【宛先】各地方整備局総務部契約管理官、企画部総括工事検査官、工事品質調整官、北海道開発局事業振興部工事管理課工事評価管理官、工事契約管理官 沖縄総合事務局開発建設部主任工事検査官
【種類】事務連絡
【発番】
【URL】http://www.mlit.go.jp/common/000138036.pdf
【震災後通達の要旨】
  (1)被災前の出来高は履行確認書等で確認すること等、(2)不可抗力による損害の確認は、約款29条に基づき対応することとし、損害状況写真等で確認すること等、(3)完成見込みがないケースの支払ルール(①出来高分について本年度に支払、残りを繰り越すパターン、②協議で全額繰り越すパターン)、(4)年度内完成見込みのあるケースの支払ルール(約款32条で処理すること)。
【ワンポイント説明】
  被災した施工中の直轄工事については、出来高に対する支払い、不可抗力による損害の確認・支払い、及び災害復旧事業等に関する手続が必要であり、疑義などが生じた場合、本省と必要に応じ相談等を行い円滑な執行に努められたい。
【適用対象者】
  国等
【適用地域】
  被災地域
【キーワード】直轄工事,支払,出来高
【法律】
【施行規則】
【施行令】
【震災関連通知】
Comments