2011/04/08 東北地方太平洋沖地震及び長野県北部の地震に関連する診療報酬の取扱いについて(その2)

【日付】2011/04/08
【担当課】厚生労働省保険局医療課
【宛先】東北厚生局医療課・福島県民生主管部(局)国民健康保険主管課(部)・福島県後期高齢者医療主管部(局)後期高齢者医療主管課(部)
【種類】事務連絡
【発番】
【URL】http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000018lba-img/2r98520000018lcy.pdf
【震災後通達の要旨】
  被災地の医療機関からの慢性透析患者の転院を受け入れた医療機関において、透析設備を有していない等のやむをえない事情により、当該患者の透析治療を他の医療機関の外来において実施した場合に、当該入院医療機関の診療報酬の減額措置を行わないこと等、診療報酬の取扱いについて関係団体に連絡。(通常は、入院患者が入院中に他の医療機関の外来を受診した場合には、入院基本料等が減額される取扱いとなっている。)
【ワンポイント説明】
  
【適用対象者】
  保険者・医療機関等
【適用地域】
  
【キーワード】診療報酬
【法律】
【施行規則】
【施行令】
【震災関連通知】東北地方太平洋沖地震及び長野県北部の地震に関連する診療報酬の取扱いについて
Comments