厚生労働省‎ > ‎水道関係‎ > ‎

2011/03/26 放射性物質の拡散による降雨後の表流水取水の抑制・停止等の対応について

【日付】2011/03/26
【担当課】健康局水道課
【宛先】大臣認可水道事業体、水道用水供給事業体
【種類】事務連絡
【発番】
【URL】http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000016l3r-img/2r98520000016l5f.pdf
【震災後通達の要旨】
  水道水中の放射性物質は、降雨後に高い濃度で検出される傾向があるため、水道水の供給に支障のない範囲で、降雨後の取水量の抑制・停止や浄水場の覆蓋など対処可能な方策を検討するよう各水道事業者等へ通知
【ワンポイント説明】
  具体的にはビニールシート等による覆いなどの対処方策の検討が記載されているもの。また、粉末活性炭により若干の低減効果があるとの報告も紹介されている。
【適用対象者】
  水道事業体、水道用水供給事業体
【適用地域】
  全国
【キーワード】放射性物質, 降雨, 取水
【法律】
【施行規則】
【施行令】
【震災関連通知】
Comments